季節めぐり

季節はめぐり、人生もめぐる

思うこと

3年前の今日が、忘れられない日になったこと

3年前の5月14日は日曜日でした。 庭の草花の写真を撮り歩いてたら、予想以上に汗をかいて、 とても暑い日だったことを覚えています。 「はぁ・・・、暑いわぁ・・・」と、休憩のために室内に入ってみると、 「お腹がものすごい痛い、気持ち悪い」と言う父。 …

面会できない悲しさ、つらさ

2年前の冬から春までの季節性インフルエンザの流行時期のことです。私の父は、それ以前の初夏から長期入院していていました。いわゆる高齢者の終末期に入ってたことは明らかでしたので、入院初日からずっと、ほぼ毎日、面会に行っていました。考えたくないこ…

忘れられない日「3.11」に思うこと、できること

今年も3月11日がやってきました。 大勢の人たちが、「3.11」に感じることをSNSなどで発信しています。 みなさんの思いを読ませていただいています。 決して忘れることができない日、 いや、忘れてはならない日に思うこと。 私には、大きな支援も、大きな行動…

山手線で、偶然出会ったおばあちゃんと話した東京大空襲のこと

2012年の3月10日、 かつてのブログにこんなことを綴っていました。 ---------------------------------------------------------------------------------------- 1年前の3月11日に日付が変わってすぐ、あるSNSの日記に、昭和20年3月10日の東京大空襲のこと…

トイレットペーパーの思い出と、そのストックとマスクのこと

かなり久しぶりのブログアップです。 トイレットペーパーの話題で喧しいこの頃ですが、 そういえば、こんなトイレットペーパーがトイレの棚の奥に しまいこんであるので、引っ張り出してきました。 亡き父は、柄物の、かわいらしいトイレットペーパーがある…

父が古い種をばらまきした盛り盛りのマリーゴールド

マリーゴールドというと、 真夏の暑い時でも鮮やかな黄色やオレンジで咲き誇る花、 というイメージですが、 この写真は、2012年の今頃、 寒くなってきても、まだまだ盛り盛りと咲いていたマリーゴールドです。 この年、2012年の春、父が裏庭の空いている所に…

切ない感じには心地よい浮遊感がある。村上春樹氏の『遠い太鼓』

村上春樹氏の作品の中でも、 なぜなのか、何度も繰り返して読んでしまうのが『遠い太鼓』。 1990年の発行だから、もう23年前なんですね。 とFacebookやかつてのブログに綴っていました。 1990年ということは、来年でもう30年。 かつての投稿を少し書き直して…

10月初のブログアップ、それにしてもまだ暑い、だから?朝顔と桜

できるだけ回数多くアップしていこうと新たに始めたブログなのに、 10月になってからは、まだ1回もアップしていませんでした。 その理由は、個人的に、あれこれ慌しかったことと、 やはり台風による被害の大きさ、多さに、 なんとなくブログを続ける気分が萎…

晩夏のバラ、アイスバーグを眺めて思う

去年の今頃、 そういえば、ひどい気管支炎にかかって、 ずーっと咳が出続けて、ヘロヘロだったなぁと、 なぜか、 晩夏のアイスバーグを見て思い出しました。 少し前の雨が続いた時、 雨粒がしたたって、よりいっそう輝くように咲いていました。 この、上のほ…

氷から角がニョキーン! 氷のスパイク化現象(アイススパイク)

製氷皿で氷をつくると、 こんなふうに角がニョキーンと生えてくることがあります。 水は表面から凍っていき、かつ、凍ると膨張するので、 中に閉じ込められた水は行き場がなくなり、 上の氷を突き破りつつ凍っていこうとするため、こんな角が形成される。 と…

一番美しい月は

開けていた窓を閉めて・・・、と思ったら、 お、月明かりが、そうか、中秋の名月か、と。撮影するつもりはなかったけど、 あまりに美しいので撮ってみました。 でもやはり、望遠で近づけて見るより、 本当の距離で、この目で、 そのまま見る月が一番美しいと…

電気が使えないことの深刻さ、地域間連携・支援も必要

台風15号による千葉県での停電、 一度は、今日中に全面復旧の見込みと言われていたのに、 明後日以降になると発表されました。 この残暑の中で電気が使えないこと、 さらには、上水道のくみ上げポンプも電気がないため使用できず、 給水にも支障をきたしてい…

「明治」という時代は、さぞや面白かったんだろうな

「明治」という時代に興味があって、 書店で「明治」の文字が入った本をみつけると、 手に取らないではいられません。 『明治風物誌』は、もう随分前に購入して、何度か読み、 最近も時々取り出してはパラパラとめくって、 その時読みたいと感じるページを、…

夏の終わりに思うこと

夏の終わり。 暑いのは大大大嫌いで、 暑さにも弱いのに、 そんな夏が終わっていくんだなぁと思うと、なんだか切なく、寂しいよううな感じがて、 もっちょっと夏でもいよ~、と思う。 子どもの頃は、もうプールにも入れない、海に行って泳ぐのも1年先と、 夏…

花火は夏の記憶、やっぱり日本の夏に似合うのかな

7月末に開催される地元の花火大会。 毎年、自宅の窓から、写真を撮りつつ眺めています。 自宅の2階の窓から眺められると言っても、 昨年、隣家のオーナーが変わって新しい家が建てられてから、 それまで見ていた西の窓からは見えなくなりました。 北側の窓か…

8月15日、終戦、「熱涙滂沱として止まず」と内田百閒

内田百閒は、陸軍士官学校や海軍機関学校で ドイツ語教官を務めたという経歴があるものの、 戦争に関して反対とか賛成とか、そして愛国心とは何かとか、 そういうものを作品で明言することはありませんでした。 日本文学報国会への誘いはさりげなく拒否し、 …

夏の青空よ、朝焼けよ、夕焼けよ、早く会いたいよーっ!

あーーーーーー、青空が、朝焼けが、夕焼けが、見たいよーっ!もう2週間くらい、もっと? お日様なしなのに、じとーっと暑くて、超疲労感な毎日。いよいよ精神までおかしくなりそうで、それを「そんなことない、そんなこと考えない、払いのけろ!」と言い聞…

月面の直線

この季節にしては雲ひとつなく、くっきりした月が見えたので、なんとなく撮影してみたら、月の表面に直線(のよに見える?)が走っているではないか!と。 「月の表面 直線」で検索してみたら、「直線壁」と呼ばれる、月面の断層なのだそう。http://ryutao.mai…