季節めぐり

季節はめぐり、人生もめぐる

バラ、スヴニール ドゥ ドクター ジャーメイン、黒赤から紫に変化

 

春に咲いたバラの記録、

今回は、スヴニール ドゥ ドクター ジャーメイン(Souvenir du Docteur Jamain)です。

長い名前ですよね~。

 

f:id:doronkox:20190904184820j:plain

 

上の写真の花が開く前の蕾がこちら。

f:id:doronkox:20190904184808j:plain

生まれたばかりの瑞々しさと、花びらの重なりの美しさにうっとりです。

 

咲き始めた時は、黒味を帯びた端正な赤。

f:id:doronkox:20190904184903j:plain

香りもとても豊かです。

 

少しずつ進む色の変化があり、

花持ちがいいほうなので、その変化をゆっくり楽しめるバラです。

f:id:doronkox:20190904184919j:plain

 

やがて、黒味が抜けて、

「赤バラといえばこんな感じ」と思えるような明るい紅色に。

f:id:doronkox:20190904185002j:plain

 

さらに咲き進むと、紫色に変化していきます。

f:id:doronkox:20190904185138j:plain

 

 

下の写真は横から撮影したところです。

 

f:id:doronkox:20190904185258j:plain

 

鉢で育てているので、大きくはなっていませんが、

それでも、ツルの全長1.5mくらいでしょうか。

上の白いバラはプロスペリティです。

 

枝が細くしなやかで、フェンスへの誘引もしやすく、

花のステムが短いので(花首がびょーんとならない)、

「ここに、こんなふうに花があってほしい」

という咲かせ方も難しくないです。

 

そろそろ咲き終わり。

 

f:id:doronkox:20190904185325j:plain

 

もうカットしたほうがいい状態ですけどね。

しぶとく、最後の最後まで花がある様子が見たいんですよね(笑)。

 

 

f:id:doronkox:20190904185347j:plain

 

 

夕方遅くに撮ったので、陽が当たっていないことの影響もありますが、

最後は、こんなに紫色になりました。

 

f:id:doronkox:20190904185403j:plain

 

こちらは逆に陽が当たりすぎて反射していますが、

もうこれで最後の開花、という時です。

f:id:doronkox:20190904185422j:plain

 

返り咲きするというバラですが、

我が家では、春以降は、たまーにポツっと1輪2輪咲く程度。

地植えにして、自由に成長させたらもっと咲くのかな?

 

 

スヴニール ドゥ ドクター ジャーメイン(Souvenir du Docteur Jamain)

 1865年作出

 フランス François Lacharme

 系統/オールドローズ ハイブリッドパーペチュアル(HP)

 中輪/カップ咲き/返り咲き/強香