季節めぐり

季節はめぐり、人生もめぐる

懐かしのバラたち、あの顔、あの色、あの香り

 

前回に続いて、かつて育てていた懐かしのバラたちのこと。

 

doronkox.hatenablog.com

 

今回も、2002年~2003年頃に撮影した写真で、

かなり画像が粗いことが残念ですが、

ズラッと並べていきます。

 

ジャクリーヌ デュ プレ(Jacqueline du Pre)

f:id:doronkox:20190909225605j:plain

 

純白の花びらに赤金色のシベという、惹きつけるコントラスト、

ほかのバラにはない独特な香り(麝香の香りを含むとか)で、

咲くと、何度もクンクンしたくなるバラです。

 

f:id:doronkox:20190909230652j:plain

春から何度も繰り返し咲くのもうれしいバラです。

 

デンティ ベス(Dainty Bess)

f:id:doronkox:20190909231054j:plain

 

ベスさんも、赤金色のシベがとても目をひきます。

 

f:id:doronkox:20190909231110j:plain

香りは、やはり独特で、スパイシー。

咲くと、スカ―ッとするような香りを放ちます。

(だから虫もすぐ寄ってきて・・・)

 

アンヌ マリー ドゥ モンラヴェル(Anna-Marie de Montravel)

f:id:doronkox:20190909231206j:plain

小さな蕾から小さな花がたくさん、密集して咲く姿が、

とてもかわいらしいバラ。

ちらっとのぞける黄色いシベもきれいです。

 

アルシデュック ジョセフ(Archiduc Joseph)

f:id:doronkox:20190909231305j:plain

このバラ、出張で宮崎に行った時に、

「宮崎こどものくにバラ園」で一目ぼれして購入。

飛行機に載せて持ち帰ってきたという(笑)、思い出のバラなんです。

 

ジュリア(Julia)

f:id:doronkox:20190909231338j:plain

なんといっても、この色が魅力。

薄茶色というか、肌色というか、ミルクティ色というか・・・。

 

デュセスドゥブラバン(Duchesse de Brabant)

f:id:doronkox:20190909231417j:plain

ふんわりと、ゆるーく開いたカップ咲き。

幼い女の子のようで、つくづく「かわいい~」と感じるバラですね。

 

フラウ カール ドルシュキ(Frau Karl Druschki)

f:id:doronkox:20190909231439j:plain

 

白いツルバラがほしいと思って育ててみたバラ。

 

f:id:doronkox:20190909231457j:plain

蕾の時から見える赤いストライプが、

開いた時、外側の花びらに残っていることもあり、

白バラなのに、「バラってこんなこともあるんだ」と知ったバラ。

 

ガリ(Magali)

f:id:doronkox:20190909231543j:plain

ペイントしたような、絵の具で塗ったような、コーラルピンク。

子どもの頃、こんな色、そして、こんな花の咲き方が素敵に見えたよなぁと、

なんだか、郷愁というか、懐かしさを覚えるようなバラです。

 

ミラベラ(Mirabella)

f:id:doronkox:20190909231559j:plain

このバラが咲くと、「ああ、おいしそう・・・」と。

卵焼きの色、卵焼きの色と、そればかり思ったのでした(笑)。

 

ブラッシュ ノワゼット(Blush Noisette)

f:id:doronkox:20190909231623j:plain

やさしい感じの、小さな花が房咲きになるバラ。

オベリスクに巻いて、長く伸ばして育てようとしていたのですが、

うまくいかなかったんですよね~、残念。

 

マルゴコスター(Margo Koster)

f:id:doronkox:20190909231640j:plain

小さくて、コロンコロンとしていて、とってもキュート。

冬、寒くなってからもしっかり咲くポリアンサローズ。

 

最後は、名前がわからない、紫色のミニバラ。

 

f:id:doronkox:20190909231656j:plain

ネットで検索してみて、おそらく「ベン ムーン(Ben Moon)」かな?と。

紫色のミニバラにもいろいろありますが、

ベン ムーンと思うのは、黄色いシベと、

とても強い香りがする、ということがネット検索で一致するから。

 

大事にしていた大好きなミニバラですが、

残念ながら、今は手元にありません。

 

 

かつての愛おしいバラ、

まだ何品種かあるのですが、

画像がすぐ取り出せるのは以上です。