季節めぐり

季節はめぐり、人生もめぐる

父、尿管結石で、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を試みることに

 

「父・入院日誌」、前回の続きです。

 

doronkox.hatenablog.com

 

前回も少し載せましたが、父が入院した2017年5月14日は、

ほかにも、こんなふうに庭のバラが咲いていたんだなぁと。

 

エドワード ギヨー

f:id:doronkox:20190801173226j:plain

 

◇スヴニール ドゥ ドクター ジャーメイン

f:id:doronkox:20190801173244j:plain

これらの写真を撮っていたとても暑かった昼下がりは、

まだ父が救急搬送されて入院するなんて、

予想だにしていませんでした。

 

そして翌5月15日・月曜日、朝10時頃に父の病室に行きました。

前の晩はぐっすり眠れたのか、

やけにスッキリした顔をしている父。

「お父さん、もうお腹痛くない?」と聞くと、

「痛くないよ、起きたら家じゃないからびっくりした」と。

 

聞けば、お腹に激痛があったことまでは覚えているが、

その後、救急車で運ばれて入院したことは覚えていないのだと。

尿管結石の痛さは、

それはそれは、ものすごい激痛だと聞いたことがありますが、

あまりの痛さに失神状態だったのかもしれません。

 

昨日の救急搬送以降のことを話し、

検査の結果、痛みの原因は尿管結石で、

治療のため、しばらく入院することになることを伝えました。

 

午後にになり、主治医となった泌尿器科、女性のN医師による

診断結果と治療の説明を受けました。

結石は1.5cmほどで、経口薬で小さくすることは難しいため、

様子を見て尿管ステントの留置を行うと。

 

体外衝撃波結石破砕術(ESWL)は、

年齢も考慮して、体調・体力的に難しい場合は、

尿管ステントを留置したまま、定期的な交換になるとのこと。

 

実は、入院した日の夜、帰宅後、

尿管結石の治療方法に関して、どんな方法がとられるのか、

開腹手術をしなければならない場合、年齢的にどうなんだろうと、

ネットで調べていたのでした。

 

それで知ったのが、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)のこと。

体外から結石に向けて衝撃波を集中的に当てることにより

破砕する施術で、身体への負担も少ないという施術。

https://www.tokushukai.or.jp/treatment/urology/nyourokesseki.php

(↑ 父が入院した病院ではないですが、

徳洲会グループのサイトに詳しい解説があります)

 

この体外衝撃波結石破砕術(ESWL)が、最近の結石除去方法の主流で、

開腹手術をすることはほとんどないそう。

 

主治医の話によると、

体への負担は少ないものの、多少の衝撃・痛みはあり、

それをどう感じるかは個人による違いがあると。

また、トントントントンと、

連続した衝撃波の音がけっこう大きくて、

それが気になることはあるかもしれないとのこと。

 

お父さん、やっても大丈夫かな?と少しの不安はありましたが、

痛みとか、衝撃とか、けっこう強いほうだと思うので、

やることになっても、

まあ大丈夫でしょうと、その施術を、お医者さんを信じて、

結石がなくなることを第一に望みを持とうと、

自分にも言い聞かせました。

 

父にも、そういう治療をするかもしれないことを伝えると、

「へーっ、ふーん」という感じで、

とくに嫌がる様子はありませんでした。

 

帰宅後、もう薄暗くなっていましたが、

きれいに咲いてきたバラの写真を撮っておきました。

病室の父にも見てもらおうと思って。

 

◇ジ インジニアス ミスター フェアチャイルド

f:id:doronkox:20190801204247j:plain

 

入院3日目の5月16日は父の誕生日、85歳になりました。

お昼前に病室に行くと、

朝食の際にトレイに添えられていたという

「お誕生日おめでとうございます」のカードがテーブルの上にありました。

「お父さん、おめでとう、よかったね」

「うちにいたら、今年もみんなでケーキ食べたのにね」

などという会話をしましたが、

父本人は、誕生日だからって、どうってことなさそう(笑)。

 

5月16日に咲いていた白い花二つ。

◇バラ、ソンブレイユ

f:id:doronkox:20190801205714j:plain

 

◇オルラヤ

f:id:doronkox:20190801205808j:plain

オルラヤは、空いていた鉢に、去年のこぼれ種が発芽してたくさん咲きそう。

 

その後も父の体調は安定していて、食事もきちんととれており、

5月19日・金曜日、

いよいよ週明けから体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を行うことに決まりました。

 

そうそう、父の病室のルーム名も「バラ」。

f:id:doronkox:20190801211342j:plain

 

5月17には、けっこうたくさんの庭の草花を撮影していました。

 

前出のバラ、ソンブレイユは開いてきて、こんなふうに。

f:id:doronkox:20190802000731j:plain

 

f:id:doronkox:20190801233432j:plain

 

ジ インジニアス ミスター フェアチャイルドも。

f:id:doronkox:20190801233534j:plain

 

フェアチャイルドと同じく、イングリッシュローズバターカップです。

f:id:doronkox:20190801233645j:plain

 

バラ以外の花もいろいろ撮影していましたが、

たくさんになりすぎなので、また次回に。