季節めぐり

季節はめぐり、人生もめぐる

トロリウス エウロパエウスが、よみがえって、やっと咲いた!

 

ヨーロッパの北部から西アジアの山地に分布する原種だという

トロリウス エウロパエウス(Trollius Europaeus)。

 

今年の春先から育て始めたもので、

初夏から7月頃に咲くということでしたが、

今頃になって、やっと咲きました~!

 

f:id:doronkox:20190906193020j:plain

 

もう、うっと~りな、かわいさ、きれいさ。

 

振り返れば、開花までの道のりは厳しかったのでした。

 

私の“好き系”の“コロコロリン”としたキンポウゲ科(日本では月見草がおなじみ)の、

憧れていたコレが、春先に生協のカタログに載っていたので注文。

 

知っている人は知っているが、生協のカタログに冬から春先に載る苗は、

「根っこだけの裸苗」だったりする。

 

本当に根っこだけがビニール袋に入れられて届くので、

そのへんに置いておいたものを、それと知らない家族が、

「あれ、捨て忘れた生ゴミ?」と、ゴミ箱にポイしてしまいそうな(笑)、

ガーデニング初心者だったら「何かの間違いだ・・・」と

泣いてしまいそうな、そんな様相を呈したものが届くのです。

 

それでやはり、届いたのは根っこに少しだけ、チンチロリンと、

触ると消えてまいそうな小さな小さな葉が2枚ほど生えただけのものでした。

 

そーっと小さな鉢に植えて見守ると、葉はそれなりに成長して、

初夏から7月頃に咲くという花を、まだかまだかと期待していました。

 

でも・・・。

 

夏の暑さのせいか、
その葉が一気に枯れて、ハゲっちょろに(涙)。

 

しかし、私は、あきらめないぞ!と、

日陰に置いて、新しい芽の出没を待ったのでした。

 

それから2カ月くらいか。
期待にこたえるように芽が出て葉が育ってきたんです。

そしてついに、昨日少し開きかけ、今日、かわいく開花しました~!

 

f:id:doronkox:20190906193503j:plain

 

初夏から7月に咲くということや、トロリウスはトロリウスでも、

このエウロパエウスは、名前の通りヨーロッパの北部から西アジア

山地に分布する原種ということで、開花は半ばあきらめていたので、

もう、うれしくてうれしくて。

 

アップで撮影していますが、

花の大きさは1円玉と10円玉の中間くらいの小ささです。

 

愛おしくてたまらないので、

1輪の花を少し違う角度から撮って、何枚も載せちゃう(笑)。

 

f:id:doronkox:20190906193629j:plain

 

 

生まれたばかりの蕾の赤ちゃんもいます。

 

f:id:doronkox:20190906194025j:plain

 

株元を見ると、一つだった株が、三つ、四つ? になっています。

f:id:doronkox:20190906193920j:plain

これは期待できる?

 

今後は、この子を大きくして(株を育てて)、

毎年咲かせて充実させることが私のミッション。

 

株分けができたら、地植えにもしてみようかな。

 

憧れは、こんなふうな、トロリウスのお花畑です(笑)。

https://amanaimages.com/info/infoRM.aspx?SearchKey=32150000050